イントロダクションサンプルA

【第一章】イントロダクション

2016年の12月21日(ぐらい)、

クリスマスムードが漂い、街中が賑わい出すこの季節に

僕は1人自宅でガタガタと震えていました。

 

決して寒さに震えていたわけではありません。

 

興奮とプレッシャーからくるものでした。

 

何があったのかというと、初めてセールスコピーを書く案件を頂けたのですね。

セールスコピーライターとして活動をし始めて4ヶ月ぐらい経った頃でした。

 

 

最初その話が来た瞬間はとても嬉しくて
「よっしゃぁ!!」とガッツポーズした記憶があります。

 

単価報酬は10万円でしたが、当時の僕は報酬が2桁万円突破するのは初めてだったので、

「やったぁ!ようやくセールスレターの案件ゲット!
これでやっとセールスコピーライターとしての一歩を踏み出せたぞ!」

と喜びのあまり興奮しておりました。

 

が、
時が経つにつれ、その喜びは恐怖やプレッシャーに変わっていきました。

その理由は2つあります。

セールスコピー案件が初めてだったので、
売れるのかどうか、自分のスキルで本当に大丈夫なのか心配になってきた。

 

そして、もう1つの理由は、納期が10日しかないことでした。

 

それまで僕は何をしていたのか、というと、
メルマガ登録(無料オファー)ページを9,800円という格安料金で引き受けていました。

メルマガ登録ページとは、カンタンに説明すると
「この特典を無料でお渡しするので、メールアドレスをご登録ください」というページです。

 

さらに、そのメルマガ登録ページ1枚につき3週間の制作期間を設けてました。

 

今ならおおよそ3~5日ぐらいで作れますが、

「どれだけのんびりやってんだお前・・・」と当時の僕を小一時間ほど問い詰めたいところです。

しかし、それが僕の当時の実力だったのです。

 

無料オファーのページを3週間かけるようなライターが
有料商品販売するページを高単価で受注し、しかも10日で制作しなければならない、環境に立たされたわけです。

セールスコピーを書く以上、売れなければ僕の存在価値はゼロです。

ここで売らなければゴミクズ以下だよな・・・。

初めてのセールスレター案件ですから、
ここでしくじったら後々の活動に大きく負の影響が及びます。

ヘタするとトラウマになって、
セールスコピーライターの道を諦めるほど再起不能になるかもしれません。

 

おまけに、受注したのが、

「3万円の自己啓発セミナーを販売するセールスレター」

とても抽象度の高い案件・・・。

「大丈夫か俺・・・?」

 

そんな興奮と恐怖が冷めやらぬまま、
僕がセールスコピーを書き上げる10日間の奮闘が始まったのでした。

 

 

・・・っと、少しストーリー口調で始まりましたが、申し遅れました

はじめまして、セールスコピーライターのマルタと申します。

この度は、本書を手にとって頂きありがとうございます。

 

 

今では誰もがインターネットで情報を発信し、
お金を得る生き方が主流になっていますよね。

そこで必須になってくるのは、
インターネット上で商品やサービスを販売するための必須のスキル

すなわち
「セールスコピーライティング」のスキルです。

 

例えば、

ウェブサイトで商品を販売したり、

商品を広告に出したり、

SNSでセミナー参加者を募集したり、

お客さんから信頼を得るためのコンテンツを作るためにも、

セールスコピーライティングは必要なのです。

 

しかし、最初に断っておきますと、
今回はセールスコピーライティングのノウハウを解説するつもりはありません。

なぜなら、書店に並んでいるセールスコピー関連の書籍にすべて載っているからです。

 

今回、僕が本書で公開するのは、

僕が初めてセールスコピーの制作案件を請け負い、「単価3万円の自己啓発セミナーを27人に売った」
その手法や考え方、仕事の進め方について公開することにしました。

 

セールスレターを作成するための流れやクライアントさんとのやり取りや、仕事を進める上での注意事項を、過去の案件を実例に解説していきます。

 

またブログやYou Tubeでもライティングやマーケティングについて
情報発信しているので、是非チェックしてみてください。

ブログはこちら

You Tubeチャンネルはコチラ

ぜひ、いいねやチャンネル登録よろしくお願いします!

 

では、本編スタートです!

【第2章】受注の流れ