彼女ができないと諦めた途端にモテ始めるって本当!?実体験から語ってみた

どうも、マルタです。

「彼女ができない」と諦めた途端にモテ期がやってくる。

という話を聞いたことはありますでしょうか?

 

おそらく彼女を欲しい!と心から願っている人からすれば「嘘でしょ!?」というような話に聞こえますが、これは『事実』です。

 

これは僕自身の経験もそうですし、僕の友人も実際に起こっている摩訶不思議な現象です。

中には彼女ができたら、急にモテ期が来て困ったと言っている人もいて、なんとも羨ましい限りです笑

 

しかし!!

じゃあ、彼女をつくるのを諦めれば、彼女ができるのか?というと、そんなシンプルな話ではありません。

 

今回の記事では、彼女ができないと諦めて、かえってモテ期が到来する秘密について語っていきたいと思います。

「全く彼女なんてつくる気なかったのに告白されちゃったよ・・・」と逆に困るかもしれませんね笑

スポンサーリンク

彼女つくるのを諦めるとモテだす理由とは?

「彼女なんていいや」と諦めるとモテ始めるのはなぜなのでしょうか?

主な理由は3つあります。

  1. 恋愛や女性を特別視しなくなる
  2. 余裕が生まれる
  3. ドライな感じに惹かれる人がいる

1.恋愛や女性を特別視しなくなる

極論言えば、恋愛や女性との関係って「人間関係の延長」に過ぎないのです。

モテない人は「恋愛」や「女性」を特別視過ぎて、肩に力が入りすぎたりするんですよね。

だから、会話がぎこちなくなったり、妙な恋愛本のテクニックを不自然なタイミングで使ってしまうわけです。

女性もそういう違和感にはかなり敏感ですから、「コイツ私を狙ってる!?」と見抜かれます。

結果的にモテなくなるのですね。

 

ですから、「恋愛」や「彼女」を特別視しなくなれば、友人と接するように女性とも接することができます。

その結果、人間関係、友人関係の延長線として恋愛に発展する可能性があるのですね。

2.余裕が生まれる

恋愛においては心の余裕が非常に重要になってきます。

恋愛に必死になって余裕がない人は、男から見ても魅力ないですからね笑

間近で見る女性は「うわぁ、コイツ必死やん・・・」と引くわけです。

 

おまけに、余裕がない男ほど自分の自慢話やどうでも良い話をべらべら喋るからタチが悪いです・・・汗

 

逆に、「彼女なんていらねーよ」と腹を括った人は結構落ち着いてます。

合コンでも必死に自分アピールをすることもなく、口数も少なく落ち着いてます。

 

そんな内面から溢れる余裕に惹かれる女性も少なくないはずです。

3.ドライな感じに惹かれる女性もいる

優しくされるより、少しドライな感じな人が好きという人は一定数います。

「自分は自分」、「相手は相手」でなおかつ、お互い気を使わない関係が良いという女性もいます。

例えば、一緒に食事に言っても「自分の分は自分で取るから気を使わないで~」みたいな関係性です。

ですから、ヘタに優しくされるよりも、ありのままの人だったり、周りに気を使いすぎない人を好む女性もいます。

彼女を諦めることでモテ始める人の3つの特徴

ただし、ただ単純に彼女をつくることを諦めれば、彼女ができるのか?というと、そんなシンプルな話ではありません。

彼女を諦めた結果、モテ期が到来する人に共通している特徴を上げてみました。

  1. 趣味に没頭する
  2. 出会いは一定数確保する
  3. ある程度のラフコミュニケーションはできる

1.趣味や仕事に没頭する

一番大事なのは、趣味や仕事に没頭することです。

僕の過去の話だと、筋トレしたり映画観まくったり、本読みまくっていたり、とにかく趣味に没頭していました。

その結果、会う女性からは「体格良いよね」と言われたり、時には最近観た映画のこと話してました。

いつの間に彼女できてましたね笑

 

ですから、自分の仕事や趣味に没頭することが必要です。

 

没頭する趣味はなんでも良いです。

アニメでもいいし、自転車でもいいし、ボルダリングとか、何かハマれるものがあれば強いですね^^

自分磨きや趣味に関してはコチラの記事もぜひ参考にしてみてください。

【自分磨きをしたい!】男が休日にやるべき7つのこと

2017.12.13

女性って男性の夢中になっている姿や頑張っている姿に惹かれるので、一心に何かにハマれば間違いなく女性に困ることはないでしょう。

2.出会いは一定数確保する

モテるためにはなんと言っても「出会い」は必ず必要です。

休日は家に引きこもっていても、突然女性があなたの家に訪れることなんてありえませんからね笑

 

なんでも良いので出会いの場には定期的に顔を出しましょう。

社会人サークルや飲み会、季節イベントなどたくさんありますし、ネットにも情報はゴロゴロ転がっています。

そこで気軽に「友達増やそ♪」感覚で参加してみましょう。

3.ある程度のラフコミュニケーションはできる

とは言え、ある程度のコミュニケーション能力は必要です。

ただ、コミュニケーション能力とは言っても、決して相手を笑わせたり、会話を持続させる高度な技術でなくても構いません。

可もなく不可もなくで、構いません。

とりわけ注意するべき点としては、「相手を否定しない」ぐらいでしょうか。

 

特別面白い人だとか、相手にとって特別な人になろうとする必要すらもありません。

女性を特別視しない。まずは自分の道を突き進むこと!

モテる秘密は、とにかく女性を特別視しないこと。

友人と接するように可もなく不可もなくな姿勢を貫きつつ、自分の没頭できることにトコトン突き進むこと。

 

結局、モテようモテようと女性に媚を売る人間が一番嫌われるんですよね。

それよりは、気が利かないなりにその個性を全面に出せばいいと僕は思います。

 

僕もこれまでいろんな女性と付き合ってきましたが、恋愛において一番武器になったのは恋愛テクニックではなく、自分が今まで生きてきて感じたことや情熱でした。

 

だから、彼女をつくることを諦めることはいい意味で、冷静に自分を見つめ直せるタイミングでもあると思います。

その間に、女性の目を釘付けにする自分だけの武器を磨いていきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です