漫画家鬼八頭かかし死去!原因や病名は?連載の今後はどうなるのか

スポンサーリンク

漫画「たとえ灰になっても」の作者である漫画家、鬼八頭 かかし(おにやず かかし)さんがお亡くなりになりました。

それに伴ってヤングガンガンで連載していた「たとえ灰になっても」は連載中止になってしまいました。

青年誌「ヤングガンガン」で『たとえ灰になっても』を連載していた漫画家の鬼八頭(おにやず)かかしさんが、2月2日に死去した。スクウェア・エニックス社のヤングガンガン編集部が22日、公式サイトで発表した。

鬼八頭さんは『ぱんつぁープリンセス』『バナナのナナ 』『魔法の呪文を唱えたら』などの漫画を執筆。

2015年12月から連載していた「たとえ灰になっても」は、命をかけたサバイバルゲームに挑む人々を描く群像劇として人気を集めていた。

現在第5巻まで発売されているが、鬼八頭さんの死去を受けて2月1日発売号の第56話をもって連載中止となるという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190227-00010000-huffpost-soci

ちなみに以前は、小説家の吉野匠さんもお亡くなりになられています。

マルタ
最近悲しいニュースが続きますね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

吉野匠死去!連載中小説レインの続きはどうなる?後継者はいるのか

2019.02.20



原因や病名は?

鬼八頭かかしさんは2018年の末から心臓に痛みを訴えていたようです。

そして、2019年の1月に、鬼八頭かかしさん本人のツイッターアカウントによって、病名が明かされました。

このツイートから一週間後に、鬼八頭かかしさんはお亡くなりになられてしまったようです。

スポンサーリンク

今後の連載はどうなる?

今後の連載に関しては、ニュースを見る限り、56話で連載中止になるようなので、未完になるようです。

ただ、アシスタントさんが連載を再開させる可能性もあります。

 

実際に多くの国民に愛されている「クレヨンしんちゃん」もアシスタントさんが連載再開していますからね。

 

しかし、今のところは連載の予定はなく、漫画を掲載していた「ヤングガンガン」の公式HPの掲載一覧からも名前が削除されていました。

吉野匠死去!連載中小説レインの続きはどうなる?後継者はいるのか

2019.02.20
スポンサーリンク

訃報に世間の声は?

突然の訃報に嘆くファンの方も多くいらっしゃいます。

まとめ

漫画家、鬼八頭かかしさんのお亡くなりになった原因は「発作性房室ブロック」という病名でした。

今後の連載は、今はまだ未定ですが、未完で終わってしまう可能性がかなり高いのではないかと思います。

改めて、ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です