映画「ナラタージュ」主題歌の歌詞と意味とは?RADWIMPS野田洋次郎が作詞作曲した神曲

 

どうも、マルタです。

今回は映画「ナラタージュ」の主題歌の歌詞と意味について分析してみました。

 

映画「ナラタージュ」は嵐の松本潤が演じる、高校教師葉山と、有村架純演じる、元生徒の泉の純粋かつ禁断の恋愛映画です。

 

その主題歌として使われた曲が「ナラタージュ」という曲なのですが、この曲がトンデモなく胸に響いてくるのです。

映画の内容にマッチした歌詞で、静かなるメロディーが素晴らしすぎます。

めっちゃいい曲なので、ぜひこれを機会に知ってほしいと思います。

スポンサーリンク

 

主題歌「ナラタージュ」の歌手、作詞作曲

主題歌「ナラタージュ」の歌手は「adieu(アデュー)」という、なんと17歳の女子高校生です。

歌声が静かで優しいので、聞き入ってしまいます。

コンセプトは「時を止める歌声」です。

 

作詞作曲は、日本を代表するロックバンドRADWIMPSのボーカル「野田洋次郎」さんです。

作詞作曲だけで、ここまで野田さんの世界観を演出できるのは、さすが野田洋次郎さんですね。

 

透き通った歌声と、野田洋次郎さんの作詞作曲の組み合わせはもはや最強です。

ナラタージュの歌詞

主題歌「ナラタージュ」の歌詞をご紹介します。

あなたが歌ってた 夏のあの歌は

名前をついには 知れないまま

あなたの歌声だけを頼りにし

思い出の雲間を 流れるのです

それはもう今では 恥ずかしいほどに

誰の目にも あなた色してた

わたしの身体は 懐かしき彼方

今はもう 違う匂いがする

ハロー ハロー ハロー ハロー

理由ばっかり 尋ねる世界で

ワケなど一つもなく 恋をした

正しい夢の 終わり方なんて

この世でわたし わたしだけが知っている

あなたをちゃんと 思い出にできたよ

あなたが見つけ出してくれたこの

心を あなた無しでも わたしは離さない

どんな昨日より 明日が好きだと

少しの背伸びと本音で 今は言えるよ

はじめまして 「さようなら」

最初で最後の 「さようなら」

 

理由ばっかり 尋ねる世界で

あなたの理由だけを持って逃げた

正しい夢の 終わり方なんて

この世でわたし わたしだけが決める

あなたをちゃんと 思い出にできたよ

あなたの記憶の上には今は いくつもの新しい

未来の芽を出してる

いつかふいに 振り返ったときも

その眼がなんて言ったか わからないくらい

はるか遠くに いるでしょう

それでもどうか 笑ってて

はじめまして 「さようなら」

最初で最後の 「さようなら」

あなたが歌ってた 夏のあの歌の

名前は知らないままで いるね

前向きに、だけど少し悲しい歌詞ですね。

この世界観も、映画「ナラタージュ」の実らない恋、しかし、前向きに人生を歩んでいく主人公泉の心境にピッタリです。

 

スポンサーリンク

歌詞の意味

ここから、歌詞の意味を考えたいと思います。

※ネタバレがやや含まれますので、ご注意下さい。

 

映画「ナラタージュ」は嵐の松本潤が演じる、高校教師葉山と、有村架純演じる、元生徒の泉の純粋かつ禁断の恋愛映画です。

 

結論から言うと、2人の恋は実りません。

高校教師の葉山はすでに既婚者で、最後は泉よりも家庭を選びました。

 

泉は、葉山に情熱的な恋に落ちますが、無理やり断ち切る決断を下したのです。

 

結局、泉は高校教師の葉山の心に触れることが出来ず、また葉山からも告白や愛の言葉一つなく恋に破れてしまいます。

 

主題歌「ナラタージュ」はそんな、泉の心境を歌った曲に仕上がっています。

あなたが歌ってた 夏のあの歌は

名前をついには 知れないまま

あなたの歌声だけを頼りにし

思い出の雲間を 流れるのです

歌詞のこの部分は、おそらく泉は葉山のことを愛していましたが、歌っていた名前すら知らないぐらい泉は葉山の心に届かなかったのでしょう。

その歌声を思い出しながら、当時の恋していた時期を思い出すのですね。

それはもう今では 恥ずかしいほどに

誰の目にも あなた色してた

今では考えられないくらい、泉が葉山に情熱的な恋をしていたことを表現していますね。

わたしの身体は 懐かしき彼方

今はもう 違う匂いがする

あの頃、あれほどまでに恋をした自分は過去のどこか遠く、今では当時とは比べられないぐらい恋心を忘れていて、他の人と愛を育んでいるようですね。

 

つまり、吹っ切れたということでしょう。

ハロー ハロー ハロー ハロー

理由ばっかり 尋ねる世界で

ワケなど一つもなく 恋をした

泉が葉山に恋をしたことに理由はなかったわけです。

理由がない恋愛ほど燃えるし、辛いですよね。

正しい夢の 終わり方なんて

この世でわたし わたしだけが知っている

葉山と泉が付き合えるという状況は、泉にとっては「夢」といえるほど、届くことのない思い。

それを終わらせるのは、自分だけだと言っています。

あなたをちゃんと 思い出にできたよ

あなたが見つけ出してくれたこの

心を あなた無しでも わたしは離さない

泉は葉山との過去をちゃんと「思い出」にすることができたのですね。

葉山との出会いによって引き出された「情熱的な愛」を忘れずに感じながらも、葉山とはさっぱりと諦めがついたことを意味しています。

どんな昨日より 明日が好きだと

少しの背伸びと本音で 今は言えるよ

人生で1番愛した人との恋が実らなくても、前を向けるようになった。

明日が好きだと言えるようになったのですね。

はじめまして 「さようなら」

最初で最後の 「さようなら」

ここまで人を愛することができる経験はもうない。

だから、「はじめまして、さよなら」であり、「最初で最後のさよなら」なのでしょう。

理由ばっかり 尋ねる世界で

あなたの理由だけを持って逃げた

正しい夢の 終わり方なんて

この世でわたし わたしだけが決める

あなたをちゃんと 思い出にできたよ

あなたの記憶の上には今は いくつもの新しい

未来の芽を出してる

いつかふいに 振り返ったときも

その眼がなんて言ったか わからないくらい

葉山以外にも好きなもの、やりたいことなどが見つかり、すっかり立ち直ったのですね。

思い出しても、詳細は思い出せないくらい吹っ切れたのでしょう。

はるか遠くに いるでしょう

それでもどうか 笑ってて

はじめまして 「さようなら」

最初で最後の 「さようなら」

葉山はどこか、泉の知らない場所でおそらく笑っているのでしょう。

泉は葉山の幸せを祈っています。

あなたが歌ってた 夏のあの歌の

名前は知らないままで いるね

結局、葉山の深い心は知らないままでいようと決心したのですね。

 

感想

情熱的な恋に落ちた女性が、今では失恋から立ち直り、彼との思い出を大切にしながらも、どこか客観的に、冷めた目で見ているような曲になっています。

 

まるで当時の青春はもう戻ってこないと暗示しているような歌詞ですね。

 

「あなたことは”LOVE”じゃなくてもう”LIKE”なのよ」と言わんばかりに、精神的に復活した女性の心を歌っています。

 

そうとう、心の奥深くに染み込んでくる歌詞と歌声。

ぜひ主題歌「ナラタージュ」を聞いてみて下さい。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です